日商簿記2級133回 予想

日商簿記2級133回 予想

132回は22.9%と低い合格率でした。

やはり、第2問が商品売買の問題であったのが
大きく響いたと思われます。
今後もたまに第2問では過去にない個別問題が出題されることが
予想されます。がんばっていきましょう。

第1問

第1問については、仕訳問題が出題されます。

特殊商品販売、固定資産、社債・資本の問題は
良く出題されますので集中的に学習しましょう。

また、答案演習や過去問をまんべんなく学習することが
重要な問題です。少なくとも3問から4問は取りたいところです。

第2問

第2問は特殊仕訳帳や伝票が中心です。前回は商品売買でした。
今回ですが、やはり特殊仕訳帳の残高試算表作成問題の可能性
が高いと予想できます。131、129回を見ておきましょう。
もちろん、伝票が128回、130回に出題されていることから
やっておくことは重要です。

第3問
第3問は前回は精算表が出題されました。可能性としては本支店会計、
財務諸表作成問題の可能性が高いです。

本支店会計は、本支店の商品の内部利益控除の処理ができれば
怖くありません。また、財務諸表作成、精算表、損益勘定等の問題は
決算整理仕訳ができれば 問題ないところです。
繰り返し、答案演習や過去問を学習しましょう。

第4問
工業簿記です。前回は費目別計算が出題されました。今回は、
本社工場会計や部門別が可能性高いところです。

第5問
工業簿記です。前回は直接原価計算が出題されました。
今回は標準原価計算や様々な総合原価計算が出題の可能性の高いところ
と予想できます。

工業簿記は苦手を作ってしまうことは致命的です。
バランスよく学習をしていきましょう。答案演習や過去問が効果的です。